May 31, 2019

【実践編】早く知りたかった!ここさえ押さえればスキンケア用品の選択に迷いがなくなる非常に大事なこと

【2016年の記事です】

 

今日から始める 実践☆美肌術②

 

直接お肌に触れ続けるものに注意する

 

 

実践①では【摩擦を控えるという物理的な方法】をお伝えしました。

実践②では【スキンケア選びで気をつけること】です。

 

では早速質問です。

 

Q.1 皮膚の角質層に最も長く滞在するのは①〜⑦のどの成分でしょう。

 

①クレンジング

②洗顔

③化粧水

④美容液

⑤クリーム

⑥日焼け止め(化粧下地)

⑦ファンデーション

 

20160703133423

 

答えは

②洗顔の成分 です。

 

 

洗顔というと

 

◯皮脂や汚れを洗い流すもの

 

◯古い角質をとりのぞく

 

 

パッと思いつくのは

こんな感じかと思います。

 

 

 

肌へ届けたい美容成分をしっかり浸透させる為に

また自分の自然治癒(保護)力の為に

 

 

洗浄効果というのは大切ですが・・

 

 

洗えればOKという考えですと

非常にもったいない。

 

洗顔選びを失敗すると

そのあとのスキンケア効果を台無しにするだけではなく

 

じわじわと老化が進みます。

 

吸収するものではないし
洗顔は適当でいいかな♡

 

わたしもそう思っていました。

石鹸は節約のために手作りするくらい

優先順位が低かったです(  ̄ Д  ̄ ) 汗

 

 

なぜ洗顔成分がお肌の一番近くで触れ続けると言えるのでしょうか。

 

 

それは

 

 

洗顔成分の粒子は水で流しても

残留し、24時間滞在するから。

 

 

思い出してください。

 

 

男子が惚れてしまう女子の香り

第1位♡ 石鹸 のにおい

 

 

 

 

( ̄△ ̄)

 

✨✨✨

 

香りも粒子です。

 

 

手を洗って匂いが残るのは

石鹸の成分が付着してるから。

 

 

水で流しても残るんです

 

 

自分が手作りしたように

 

石鹸の原料はオイル

(もしくは化学製品)

 

 

苛性ソーダという劇薬と油脂を混ぜ

けん化という化学反応を起こして

石鹸を作ります。

 

 

けん化の際、

10〜20%の油脂を残すため

すすぎを念入りにしても

水で流せきれない成分が残ります。

 

 

 

その油が酸化したり

洗浄を優先して角質層を溶かしたり

肌の常在菌の餌になったり

 

 

・・・

 

 

きゃーーーーーーっ

 

 

書いてて怖くなってきました(汗)

 

 

 

だから

 

化粧水やクリームよりも

肌の直でじわじわ反応続けるのは

洗顔料に含まれる成分だ

 

ということを念頭におき

 

 

今お使いの洗顔料をご確認ください。

 

20160703140539

ジェイソンじゃないよ♡

 

なんの化粧品を使っていますか?

に関する質問にはお答えできません。

なぜなら。。。季節や体調に合わせてカスタマイズしているのでブランドも価格もごちゃ混ぜです。笑

 

化粧品選びは、自分の肌感覚を信じて、自分で挑戦してくださいね。


Posted in No Comments » 

関連記事