Oct 9, 2015

嫌われるのは嫌だけど、八方美人な自分も嫌だ。

わたしは小学校の頃から
比較的要領よく生きてきました。
達成感や競争心が旺盛で

和を重んじるタイプではなく
成果重視型のソワソワした子。

 

男子と喧嘩はしょっちゅうで

 

転校先で馴染めず
不登校という選択も一時期しました。

そんな自分が嫌になって …

 

今度は距離を上手に取り始める。
本音を言わず
表面的なさらりとした付き合い。

 

いい人っぽい感じに
作り笑顔もどんどん上達していく。

 

でも言葉の節々に攻撃的な部分が残っていて
人を傷つけてしまうことも。

 

////////////////

 

どんどん八方美人になって
人間関係が微妙にギクシャクして
笑顔が偽物になって

疲れて
自分が嫌いになって
人付き合いも面倒になって

 

休みの日はもっぱらマッサージ通い。

 

飲みにもいかない
ランチもいかない。

 

でも本当は人から好かれたい!
認めて欲しい!という欲求がある。

 

/////////////////
本当に危なかった(汗)

 

それじゃ満たされないままの人生だった。
自分で自分を認めることができず

 

〝なんでわたしはあんな態度をとったの?〟
〝時間を巻き戻したい〟

 

って思っていて。

 

そりゃ
人から好かれる事なんてあるわけない。

 

/////////////

 

わたしにこのことを気づかせてくれた
大切な人たちがいます。

 

涙を流すこともしない
わたしは怒りもしない
笑顔だけど心は笑ってない

 

そんな自分が変わるきっかけがありました。

 

 

人と出会うことを恐れたり
面倒に思っていたら
自分は変われない。

 

今の自分を映してくれるのは

わたしが相手に抱く感情や
相手の言葉、態度の受け取り方が

 

今のわたしを映し出してくれてる。

 

////////////////

 

注意深く自分を観察するようになりました。

 
〝気持ちいい、心地いい〟
にもっと敏感になることで

 

逆に相手が今なにを思ってるのか
何を欲しているのか、

 

わたしが持っているカードで
相手へ何ができるのかを
思い浮かべるようになりました。

 

すると不思議なことに
いろいろ面倒だと思っていたことが
楽しいと思えるようになってきたんです。

 

 

自分が満たされる瞬間に
もっと敏感になること。

 

それはあまりに近くにあって
ついつい見落としてしまう。

 

 

心から嬉しい、幸せ、ありがたいって

感謝できる瞬間に気づけたら

 

 

自分がどういう生き方をすべきか
誰の役にたてるのか
今日何をするのか、何を選ぶのか

 

自分の中でAnswerが生まれてきます。
自分の中にしか答えはない。

 

嫌われたくなくて八方美人になるなら
まずは自分を満たす方法は何かを考えて。

自分を自分で満たすことができたら
相手から何かもらおうとか

満たしてもらおうとする事をやめられるんじゃないかな 。
もう顔色を伺いすぎる事もなくなるはず♪ 

 


関連記事